はんぎょねこの憂鬱

さあ、ふるえるがいい

Qt ビルドする(GPL版)

リリースDLLのPDBが欲しかったのでビルドする
ここを見れば大体わかる
https://doc.qt.io/qt-5.6/windows-building.html

わしの環境

  • Windows10やで
  • Visual Studio 2015をインストールしているものとする
  • とりあえず Qt5.10.1

Qtダウンロード

  1. QtのホームページからOpen Source版のインストーラをダウンロードして実行
  2. NextとかSkipを適当に押して進めていくとリポジトリのフェッチが始まる
  3. インストール先選択後はインストールするコンポーネントを選択する
    自分のビルドしたいバージョンのSources以外のチェックは全部はずした
  4. ライセンス条項に同意するとダウンロード&インストールが始まる
    めっちゃ時間かかるで

ビルド

  1. 例によってvcのパスを通しておく

    "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\vcvarsall.bat" amd64

  2. ソースコードのルートディレクトリに移動してconfigureを実行する
    ここでもライセンスの同意をもとめられたりする

    configure -release -force-debug-info -nomake examples -opensource

    ちなみに help オプションを付ければ指定できるオプション一覧が表示される

    configure -help

    DirectX関係で怒られた場合はWindowsSDKのパスも通す

    set PATH=%PATH%;C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\10.0.15063.0\x64

  3. nmakeを実行する(そして永久に終わらないビルドが始まる)

    nmake

Src\qtbase\lib以下にdllやらpdbやらができるので、これを使ってPySideのwheelを作成しておけば、Qt内部でエラーが起こったときもシンボルを読み込んである程度追うことができる。良かった良かった。