はんぎょねこの憂鬱

耳から変な汁が出てきた

Pythonゲームプログラミング #8 マップチップ

#0 環境構築
#1 メインループ
#2 画像表示
#3 アニメーション
#4 キー入力
#5 サウンド
#6 衝突判定
#7 ステートマシン
#8 マップチップ
#9 スクロール

マップチップ

pygameを使ったゲームプログラミングについて説明していきます。

  • Windows10
  • Python3.6.1
  • pygame1.9.3

今回はマップチップについて説明します。

マップチップの概念

マップチップは背景のパターンをデータ化したものです。マップチップのデータはキャラクターの通行可否の判定などにも使用できます。 画像を再利用して大きなマップを作成することで、作業の手間を省くことも出来ますし、少ないデータで広大なマップを表現することができます。

f:id:dungeonneko:20170518230548p:plain

また、チップ単位でデータを持つという考えは、マップデータだけでなくゲームオブジェクトの配置などにも応用が可能です。 座標系やオブジェクトのサイズを固定することで、衝突判定やAIの処理負荷を下げることも出来ます。

サンプルコード

画像データ(chip.png)

f:id:dungeonneko:20170518225949p:plain

実行結果

f:id:dungeonneko:20170518230001p:plain